メインイメージ画像

銀行との関係について知りましょう

貯金をしている銀行での教育ローンを考え中の皆さんも多数いるのではないかと予想します。本章では、日本政策金融公庫の教育ローンとの違う箇所について見てみましょう。融資金は国の教育ローンがお子様一人当たり350万円と枠があるのと相違し、銀行は各銀行により設定金額がそれぞれです。申し込みにおいても国の教育ローンが規則があるのですが、銀行は一定の収入がある点のみの条件です。申し込みから借りられるまでの日にちも、銀行の方が短く、迅速な対処のようです。

申し込み後の取りやめも自由なので2つ申し込むのも可能でしょう。銀行の教育ローンは所得上限が決めていないので、国の教育ローンよりも合格しやすいと思われます。

日本政策金融公庫の企画する国の教育ローンを使用した人の中から、ある保護者の方の体験談をあげてみたいと考えます。大学に入るお子さんのために、国の教育ローンを借入した方の体験談です。「国の教育ローンを選択した理由は企画しているのが国という理由です。

安い額ではないから、実績のあるところを選びたかったからです。金利も、民間の金融機関と比較すると低金利で良かったです。とはいえ、借入できるかがはっきりするのに長い期間が必要で、入学金を払えるかジリジリしました。何とか、大丈夫でしたが予想よりも時間が必要とされるので、少し前に申し込む方がベターです。」国の教育ローンは、結果後の取り消しもできるので、ものは試しに、申し込むのも一つの方法かもしれません。